出会い系でのデートの上手な誘い方お答えします!

あの人はあんなにデートできるのになんで自分は……

「出会い系の利用者からは女性と出会えた話だったり、幸せになることができたという体験談だったりをよく聞くけど、何で自分は上手く女性と出会えないんだろう……」と、出会い系を始めた当初は思うかもしれません。

もしかしたら友人や同僚などに同じように出会い系を利用していて、でも自分とは違って女性とたくさんデートできている、恋人までできたという人もいるかもしれませんね。

それはきっと運だけではなく、デートの誘い方に違いがあるのではないでしょうか。

ここで紹介するのは、出会い系でのスマートなデートの誘い方です。タイミングなども合わせて解説するので、コツやポイントを押さえながら実践してみましょう!
もっと詳しく知りたい方は出会い系ラボ(https://www.appygamesblog.com/)という出会い系のコツを網羅した秀逸なサイトがあるので、そちらでテクニックを学ぶのもオススメです。

最低限の仲の良さは重要です。自分と相手は初対面ということをお忘れなく

女性にメッセージを送って、その人から返信が来て、すぐに「デートしませんか」と誘うのはNGですね。時期尚早というやつです。

返信=デートOKのサインではありません。自分に興味を持ってくれたことは間違いありませんが、だからといって「すぐに会おう!」では、相手も身構えてしまうでしょう。もう返事すらこなくなる可能性が高いので注意してください。

メッセージでのやり取りを何度かしたとはいっても、つい最近まで知らない者同士だったわけですから、もう少し仲良くなることにまずは集中しましょう!

2人で会えるほどの仲になったのか、相手も自分にそこまで気を許してくれているのか、といったことをちゃんと考え、「よし、これなら大丈夫だ!」と確信が持ててから誘ってください。

また、女性の方からすぐに「会いませんか?」と誘ってきた時は警戒すること。サクラや業者である可能性も捨て切れません。

お互いにある程度信用度が高まった段階でデートに誘うのが、その後の成功につなげるポイントになります!

デートしましょう!では無く、さりげないお茶しない?がコツ

デートに誘う時には、“デート”という単語は使わないことをおすすめします。「来週デートしませんか?」といった聞き方は控えるべきです。

デートという言葉を聞くと、女性がどう捉えるかを想像してみてください。きっと男女の関係をイメージする人が多いでしょう。実際に男性と女性がデートをするわけですけど、誘う段階でそれを匂わしてしまうと、「まだそこまでの関係じゃないんだけど……」とネガティブな感覚を持たれてしまいやすくなるんです。

これを避けるためには、さりげない誘い方を心がけるべきですね。

「落ち着くカフェ知ってるんですけど、ちょっと行ってみませんか?」とか、「興味のあるレストランがあるんだけど、一緒に行ってくれませんか」といったフレーズで誘うと、男女の関係といったイメージが少し和らぐので、OKしてくれやすくなりますよ。

デートのタイミングは連絡先を好感してから〇日後!?

サイト内で返信をくれたあとすぐにデートに誘うのは控えた方がいいと説明しましたけど、これは直アドやLINEのIDの交換後にも言えることなので頭に入れておきましょう!

直接やり取りができる連絡先を交換してもらうのは、確かに大きな前進です。でも、それで勘違いしてはいけません。連絡先交換が、そのままデートOKということにはならないので注意してください。

直アドやLINEのIDを交換したあと、メールなどのやり取りをある程度続けてからデートへの誘いを切り出しましょう!

タイミングとしては、連絡先の交換から1週間ほどを目安にしたいですね。もし毎日数十通単位でやり取りしているようであれば、相手も相当心を開いてくれているはずなので、3〜4日後に一度お茶や食事に誘ってみてもいいかもしれません。毎日数通程度であれば7〜10日程度は様子を見ましょう。

最初からがっつかない方がいいですよ。相手の心の開き具合やノリを知るためには時間も必要ですから。

自分に対する信用度も上がってからデートに誘った方が勝率も上がるはずです!